Total:921271 / Today:380 / Yesterday:1587
「戦場日誌」
〜或いは駄目人間の反省部屋〜
2005/06版 その2

一言言いたい!という場合は掲示板か下の一言メールの方にどうぞ。お戻りはこちらから。



2005/06/11 (土)


2005/06/12 (日)


2005/06/13 (月)


2005/06/14 (火)


2005/06/15 (水)


2005/06/16 (木)


2005/06/17 (金)

【出発】 ()

只今大洗港。
これより北の大地に向けて出発します。



2005/06/18 (土) 雨のち曇り時々晴れ

【1〜2日目:越谷→大洗→苫小牧】 ()

直前まで荷物の準備をしたり、色々と仕込みをしたりで結局20:00過ぎに出発。
荷物、時間が無くて選別している暇が無く、「もしかしたら必要かなぁ…」とちょっとでも思ったものを全て積んだらトランクが満杯になりました(ぉ*1

今回は時間に余裕がないということで、珍しくも高速を使って大洗入り。前回は予想以上に時間がかかって泣きそうな目にあったから、この辺はまぁ仕方ないか。
しかしここ数日の睡眠不足もあってか、それとも途中からの大降りの雨の所為なのか、久々に走る高速は気の休まる暇がなかったです。やはりあっしには一般道の方が気が楽だ。

結局大洗に着いたのは22時前。とっとと受付を済ませて(今回も三井と東日本の窓口を間違えたわけだが(汗))、特に問題もなく乗船。
出航後は本棚の漫画を読み耽りつつ惰眠を貪り、目を覚ましたのは翌14時過ぎという、とても旅に出たばかりの人とは思えぬほどの駄目っぷりを初っ端から発揮してました。

しかし何が困ったって、食堂が無くなってしまったのは困った。いや、有るには有るんだけれども、3食セット\2,000というのしか無く、後は高速のSAに有るようなたこ焼きや焼きそばの自販機(結構高い)しか無いという有様。
家から持ってきたパン2個で、下船まで何とか耐えていこうかと思いますが、う〜ん腹減ったなぁ。

というわけでほぼ定刻で苫小牧着。
結局船内で飯は何も喰わんかったなぁ、お値段5割増のカップラーメンに金を出すのも何か馬鹿らしかったし。
つうことで、前回の旅で行けなかった市内の洋食屋へ!……行ったら僅差でラストオーダーが終わっていたorz

仕方なく近場のラーメン屋でカレーラーメンと餃子を喰って(お値段ちと高めで味はそこそこ)、それでもちと物足りないのでミスドに行ってドーナツ喰ってこうして日記を書いてたり。

さて、これからどうするかなぁ。前回同様襟裳岬に向かうというのも何だし、ちと店内で考えてみるか。

そういや明日はサンクリだったなぁ。当初の予定通りの休みが取れていれば足を運べたのに、上が融通きかんばかりにダブルブッキングで行けなくなってしまったわい。
欲しい本は定期的に虎とメロンをチェックして、纏めて通販にするしかないか。

*1: 知っている人は知っていると思うけど、うちの姫のトランクはゴルフバック4つが軽く積めるサイズ



2005/06/19 (日) 晴れ

【3日目:苫小牧→襟裳岬→帯広→オンネトー】 ()

三日目。
結局昨日は襟裳岬に向かうことにした。あそこは岬なだけに見渡す限りの海なので、月も日の出も綺麗だから。
……てな目論見で向かったのだけれども、見事なほどの霧霧霧。まさに五里霧中といった感じ。結局月どころか日の出すら見られなかった。

朝飯にカップラーメンを喰ったら、そのまま帯広へ向かうことに。
ここは甘党には天国のような場所だね。六花亭と柳月でそれぞれ苺のミルフィーユとその他一品を食べますた。苺のミルフィーユに限って言えば、六花亭の勝ちかなぁ、クリームたっぷりだったし。
帯広は恐らく帰りもまた寄るので、他のケーキでも味比べをしてみよう。

昼飯は帯広のぶた八で豚丼次朗。北へ。DDで明理と食べに来る店で、明理の柳月のバイトの昼休みに食べに来るにはちと遠くないかい?車で4分とかかかるし、明理徒歩通勤だし(^^;
因みに辿り着くまでに1時間以上彷徨い歩いたのは公然の秘密。

そして本日の終着地オンネトー。
阿寒湖の西にある、深い青そして時間とともに変わっていく様々な色を持った幻想的な湖。
今日はここで一泊して、明後日の本番前に星空の撮影でもしようかと考え中。
因みに晩飯はあっしの自炊の定番、白菜と豚バラの煮込みでした。

そして夜景の撮影は失敗。というか、バルブモードにしてもシャッターが落ちない。
一応わずかな光のあるところだとシャッターが落ちるんだけれども、暗闇じゃピントが合わずにシャッターが落ちぬ。
銀塩デジタルに関わらずAFでバルブモードで撮影したことがないのだけれども、これが普通なん?MFじゃ押したら押しただけシャッターが落ちたもんだったけれども。

この感じだと月は撮れそうだけれども星は難しそうだなぁ。
後でpdfで持ってきていたマニュアルを読んでおきますかね。

とここまで書いて、要は撮影モードをMFに切り替えれば良いだけなことに今更気がついた馬鹿がここに約1名orz



2005/06/20 (月) 曇り時々晴れ

【4日目:オンネトー→釧路】 ()

昨夜は同じキャンプ場にいたフルムーンキャンパーの酒宴が深夜に及んだ為、ちと寝不足気味。朝飯は作るのもかったるかったので、バナナが2本と野菜ジュース2本とちと軽め。
さて今日はどうするか……と、荷物を整理してとんでもないことに気がつく。あ、トランクスの替え、1枚も持ってきてないやorz(注:3日間着替えはどうした!とか聞かないように)

しかしここは観光地、店はあっても値段が高いのは想像に難くない。
昨夜の所為で疲れ気味だし、野営も2泊続いたから当初の予定通り宿に泊まることにしよう……ということで、釧路に向かうことに決定。

昼前までオンネトーでのんびりして(のんびりし過ぎて昼飯に取っておいたバナナ2本を烏に奪われた)、そのまま約70km離れた釧路へ。
駅前の長崎屋内ダイソーで100円トランクスを買い、その向かいに有る和商市場で勝手丼を賞味。載せた具はエンガワに中トロ、北寄に雲丹に大鮃といった感じ。味はまぁ普通。だって白いご飯に上記の刺身を載せただけの代物だしね。

宿は観光案内所で素泊まりの宿を紹介してもらいGO。
丁度釧路で高校陸上大会が開かれているとかで、学生さんと一緒になってしまうけど良いですか?と聞かれたので承諾したのだが、宿に行ったら全員女子校生だった(ぉ)
まぁ、あっしは次元の異なる世界に住む人だから別にどうということもないけれども(笑)

晩飯は地元でも結構評判のいいという話の回転寿司へ。
しかしここでも天性の方向音痴が見事に発揮され、片道1.4kmで良いところを倍の2.8kmも歩いてみたり。まぁ気晴らしに古本屋で立ち読みとかしてきたから良いけれども。

やっとこさ店に着いて何皿か食べてみたけれども、う〜ん、個人的にはいまいちかなぁ。
シャリはまぁ酢飯なんだけれども、昆布出汁で炊き上げているようで酸味よりも甘さが前面に出るタイプ。ネタも大きいのは良いのだけれども、それがシャリとのバランスを崩してしまってちと大味といった感じ。
何よりも注文してもものが出てこない(8皿中再注文せずに出てきたのは僅か3皿)のは頂けない。こりゃちと失敗だったかなぁ。

つうことで本日はこれで終了。
さて明日はどこに行くべか。明後日が満月だから阿寒湖・屈斜路湖周辺をじっくり攻めるのが良いかな?




  • 2006:
    01[||]/02[||]/03[||]/04[||]/05[||]/06[||]
    07[||]/08[||]/09[||]/10[||]/11[||]/12[||]
  • 2005:
    01[||]/02[||]/03[||]/04[||]/05[||]/06[||]
    07[||]/08[||]/09[||]/10[||]/11[||]/12[||]
  • 2004:
    01[||]/02[||]/03[||]/04[||]/05[||]/06[||]
    07[||]/08[||]/09[||]/10[||]/11[||]/12[||]
  • 2003:
    01[||]/02[||]/03[||]/04[||]/05[||]/06[||]
    07[||]/08[||]/09[||]/10[||]/11[||]/12[||]
  • 2002:
    01[||]/02[||]/03[||]/04[||]/05[||]/06[||]
    07[||]/08[||]/09[||]/10[||]/11[||]/12[||]
  • 2001:
    01[||]/02[||]/03[||]/04[||]/05[||]/06[||]
    07[||]/08[||]/09[||]/10[||]/11[||]/12[||]
  • 2000:
    01[||]/02[||]/03[||]/04[||]/05[||]/06[||]
    07[||]/08[||]/09[||]/10[||]/11[||]/12[||]
  • 1999:
    01[上|中|下]/02[上|中|下]/03[上|中|下]/04[上|中|下]/05[||]/06[||]
    07[||]/08[||]/09[||]/10[||]/11[||]/12[||]

    メールはこちらへ...[POS (pos @(at) ah .(dot) wakwak .(dot) com)]

    この日記は、GNSを使用して作成されています。